新着記事トップ10

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 市街地等の宅地は路線価方式によります。路線価方式とは、評価する宅地に面する道路に付された1㎡あたりの価格(路線価)をもとにして、その宅地の位置・形状に応じて一定の補正を行って評価する方法です。  

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 国外所在の財産を贈与により取得した場合において、その財産についてその国の贈与税に相当する税が課税されたときには、その国において課税された贈与税額相当額として一定の金額を控除することができます。 今、何位?下のアイコン...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 配偶者控除の適用を受ける為には次の書類を添付します。 1.戸籍謄本または抄本および戸籍の附票の写し(受贈日より10日経過以降作成のもの) 2.居住用不動産の登記簿謄本または抄本 3.住民票の写し(入居日以降作成のもの)取得した...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 前回の“一定の要件”とは次のとおりです。 1.婚姻期間が20年以上必要です。 2.居住用不動産(又は取得のための金銭)の金銭の贈与でなければなりません。 3.取得の翌年3月15日までにその居住用不動産に居住し(その金銭で取得し...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 前回の“一定の要件”とは次のとおりです。 1.婚姻期間が20年以上必要です。 2.居住用不動産(又は取得のための金銭)の金銭の贈与でなければなりません。 3.取得の翌年3月15日までにその居住用不動産に居住し(その金銭で取得し...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 配偶者から居住用不動産またはその購入資金を贈与された場合に、贈与税の課税価格から最高2000万円が控除できます。一定の要件を満たす必要がありますが。 今、何位?下のアイコンをクリックしてください。 ついでにこちらも・・...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 課税価格から控除される贈与税の基礎控除額は110万円で、その年中の贈与により取得した財産の価額の合計額が110万円以下であれば贈与税は課税されません。贈与税の申告書の提出も必要ありません。 なお、人格のない社団等が、個人とみ...

地方公共団体が条例により、精神または身体に障害のある者を扶養する者を加入者とし、その加入者が地方公共団体に掛金を払い込むことによって、一定の給付事由が生じた後に、その地方公共団体が、心身障害者の扶養のための給付金を定期的に支給する制度です。 この給付金の受...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 所得は、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得・雑所得の10種類に区分され、それぞれの所得の性格に応じて課税される範囲が定められています。 今、何位?下のアイコンをク...

<税金豆知識・毎日読めば税金博士> 個人が信託会社などと結んだ信託契約で、重度の障害者(特別障害者)を信託の利益の全部の受益者とするもののうち、所定の要件を満たすものをいいます。 条件を満たせば、その信託受益証券のうち6000万円までの部分は非課税になります。 ...

«Prev1 2 3... 93 94 95Next»

人気記事トップ30

  1. 行政書士で食べていけるか?
  2. 郵便局職員の方へ行政書士のおすすめ
  3. 個人事業主契約の保険金に対する税務(あと63日)
  4. 亡き父の貸金庫を開けるには?(回答2)
  5. 憧れの防衛大学校
  6. 保険料の贈与(あと74日)
  7. 郵便局崩壊!?
  8. 2007年10月01日 姻族とは?(6175)
  9. 行政書士で食べていけるか?(2)
  10. 自動車保険の税務(個人事業主)(あと62日)
  11. 超難関!行政書士
  12. 人間の死亡率は100% 自分なりの生と死をどう全うするのか?
  13. 総合福祉団体定期保険(5日前)
  14. 火災保険の圧縮記帳(あと61日)
  15. 黄金色の行政書士
  16. 年金払積立傷害保険(あと69日)
  17. シニアライフは「仕事・夫婦・お金」がポイント
  18. 介護費用保険の経理処理(税務処理)(あと84日)
  19. 定年後の22年間、何して過ごしましょうか?
  20. 総合福祉団体定期保険(あと104日)
  21. 岩田行政書士事務所プロフィール
  22. NHK「1000人にきく団塊の素顔」