新着記事トップ10

「経営業務の管理責任者」と「専任技術者」の常勤性について、考えて見たいと思います。「経営業務の管理責任者」の「常勤」とは、原則として本社、本店等において休日その他勤務を要しない日を除き、一定の計画のもとに毎日所定の時間中、その職務に従事している状態をいいま...

建設機械に抵当権を設定できるとの記載を、見つけましたのでご紹介します。広島県のホームページには詳しい事が載っていないため大阪府の例を掲載します。また注意事項として 建設機械の所有権保存登記は、建設機械の打刻又は検認を受けた日の翌日から起算して、2週間以内に...

 建設業の許可を受けた者は、毎事業年度経過後 4か月以内に、当該事業年度に係る工事経歴書、財務諸表(貸借対照表、損益計算書等)及び納税証明書等の届出、いわゆる「決算変更届」を提出する必要があります。(建設業法第11条第2項)   例えば、12月31日決算の場合は、4月30...

経営事項審査申請での審査項目 総合評定値(P)=0.25X1+0.15X2+0.2Y+0.25Z+0.15W(小数点未満の端数は四捨五入) X1 工事種類別年間平均完成工事高の評点X2 自己資本額および利払前税引前焼却前利益にかかる評点Y 経営状況分析の評点Z 技術力の評点W その他の審査...

経営事項審査申請での審査項目総合評定値(P)=0.25X1+0.15X2+0.2Y+0.25Z+0.15W(小数点未満の端数は四捨五入) X1 工事種類別年間平均完成工事高の評点X2 自己資本額および利払前税引前焼却前利益にかかる評点Y 経営状況分析の評点Z 技術力の評点W その他の審査項...

 Y評点(経営状況の評点)の計算式 Y)= 167.3 × A(経営状況点数) + 583 (A)=-0.4650X1-0.0508X2 + 0.0264X3 + 0.0277X4 + 0.0011X5   + 0.0089X6 + 0.0818X7 + 0.0172X8 + 0.1906    このうち絶対的力量指数指標の、X7...

Y評点(経営状況の評点)の計算式Y)= 167.3 × A(経営状況点数) + 583(A)=-0.4650X1-0.0508X2 + 0.0264X3 + 0.0277X4+ 0.0011X5   + 0.0089X6 + 0.0818X7 + 0.0172X8 + 0.1906 このうち財務健全性指標の、X5(自己資本対固定資産比率) X6(自己資本比...

Y評点(経営状況の評点)の計算式 Y)= 167.3 × A(経営状況点数) + 583 (A)=-0.4650X1-0.0508X2 + 0.0264X3 + 0.0277X4 + 0.0011X5   + 0.0089X6 + 0.0818X7 + 0.0172X8 + 0.1906  このうち収益性・効率性と呼ばれる指標の、X3(総資本...

Y評点(経営状況の評点)の計算式 Y = 167.3 × A(経営状況点数) + 583 A = -0.4650 × (X1) -0.0508 × (X2) + 0.0264 × (X3) + 0.0277 × (X4) + 0.0011 × (X5) + 0.00...

 経営事項審査(経審)は、公共工事の入札に参加する建設業者の企業力(企業規模など)を審査する制度です。  全国一律の基準によって審査され、項目別に点数化された客観的な評点は、公共工事の発注者が業者選定を行う際の重要な資料として利用されています。 経営状況分...

人気記事トップ30