新着記事トップ10

null

A:遺言に変更を加える場合は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して、特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じません。民法第968条2項 形式に間違いがあると、変更の効力が認められない場合もありますので、間...

null

不倫相手に対する慰謝料請求 その1 □法と不倫の慰謝料 (1)夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為をした場合、損害を受けた配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の不倫相手双方に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の代償として損害賠償請求ができます。 (2)不貞行...

null

□慰謝料の実態 (1)慰謝料支払いについては、離婚の協議の中で決めます。当事者で合意できなければ、家庭裁判所の調停、裁判所の判決で決着をつけることになります。 (2)実務上は、慰謝料請求があるとき、早く別れたい方が請求相手を納得させるため、裁判所の力を使う前に、...

Q&A.jpg

同棲について ケース2:同棲していた相手が浮気をしました。同棲の相手または浮気の相手に対して損害賠償を求めることができるでしょうか? <回答> その同棲が、内縁関係とみなされる場合は、慰謝料を求めることができる場合があります <解説> (1)単に一...

null

 同棲問題1 ケース1:彼と同棲中です。これって「内縁」ですか? <回答> 同棲をしているだけでは、内縁関係にあると認められるわけではありません。 <解説> 内縁関係と同棲との違い (1)内縁の夫婦は、法律上の夫婦とほぼ同様の権利義務を持ちます。したがって...

Q&A.jpg

 子の認知2 ケース2:認知をすると養育費の支払義務が生じる・・ <回答> 認知により、法律上の親子関係に基づく権利や義務が発生しますので、養育費の支払義務が生じます。 <解説> (1)認知により、出生したときにさかのぼって、法律上の親子関係に基づく権利...

null

 子の認知1 ケース1:交際相手の子供を出産予定だけど、認知しないって言われた・・ <回答> 自主的に認知をしない場合には、裁判所の判決により認知を認めてもらう、認知の訴え(強制認知)という手続きがあります。 <解説> (1)父が認知に応じない場合に、裁判...

null

 愛人関係2 ケース2:愛人関係を向こうから打ち切られた。毎月渡していたお金を返して欲しい。 <回答> 愛人契約のような公序良俗に違反する目的のために支払われた財産の返還請求は認められません。 <解説> (1)公序良俗に違反する事項を目的(愛人関係の維持...

Q&A.jpg

愛人関係1 ケース1:不倫して、愛人宅から帰らない夫を強制的に帰らせる方法はないの? <回答> 家庭裁判所に対して、夫婦同居請求の調停または審判を申し立てることはできますが、請求が認められても、原則として同居を強制することはできません。 <解説> ...

null

 不倫と慰謝料2 ケース2:不倫相手の旦那さんから慰謝料を請求されている。どうすればいい? <回答> 相手の結婚生活が、実体を失っていたか否かによって、慰謝料請求が認められるか異なります。 <解説> (1)既婚者の結婚生活が、不倫関係が始まった時点で実体...

人気記事トップ30

  1. kinsen.jpg
  2. null
  3. null
  4. null
  5. null
  6. null
  7. null
  8. null
  9. null
  10. naiyoushoumei.s.JPG
  11. null
  12. null
  13. null
  14. Q&A.jpg
  15. Q&A.jpg
  16. null
  17. null
  18. null
  19. null
  20. konjigeizoku.jpg
  21. null