【General】カテゴリー記事一覧

新着記事トップ10

この夫婦は見合い結婚でゴールインしました。見合い後に,交際を始め,1年の交際の後,見事ゴールイン。そして,普通の夫婦として当たり前に,新婚旅行へ1週間以上の日程で行きました。しかし,交際中も,新婚旅行中も一度も性交渉はなかったというのです。実際には後に,配...

つい,お年寄りだから,障がい者だから,男のくせに,女のくせになどの何らかの枠にはめて考えてしまうことがありますよね?血液型でも,やっぱりO型とかいうように,そういう景色はよく見られます。楽しい会話の中では盛り上げのエッセンス的要素になるその言葉も,社会的...

補助類型の対象となる方は「精神上の障害により」「事理を弁識する能力が不十分な」方となります。「不十分」な状態は,家庭裁判所が医師の診断書判断材料として決定します。補助類型の対象者は大まかに財産管理等できる等,複雑でない契約を締結する能力もある方なので,補...

新たな在留管理制度は,これまで入管法に基づいて入国管理官署が行っていた情報の把握と,外国人登録法に基づいて市区町村が行っていた情報の把握を基本的にひとつにまとめて,法務大臣が在留管理に必要な情報を継続的に把握する制度の構築を図ろうとするものです。我が国に...

事故等で意識ははっきりしているものの死を覚悟した場合,自分の思いを残すには危急時遺言という方法があります。この場合には3人以上が証人として立ち会う必要があります。そして,その証人のうちの1名が遺言者の遺言を趣旨を口授して遺言することができます。口授を受けたも...

自筆証書遺言は自筆という前提条件があります。なので,ワープロ,タイプライターなどでの作成はできません。また,テープレコーダーでの録音なども要件を満たしていないことになります。ただし,カーボン紙を用いることまで排除しているわけではなく,カーボン紙の使用は許可...

結婚当時,妻は特定の宗教には入信していませんでした。しかし,結婚後3年たったころにある宗教団体に入信することになりました。 1年ほどたったころ,夫がそれに気づき,夫は宗教活動をする妻を,あまりよく思っていなませんでした。そこで,夫はその気持ちを妻に伝え...

たくさんの祝福に包まれて,多くの命は誕生します。ありきたりですが,そのかけがえのない大切な命の重さは計ることができない貴重なものです。当然ですが,今,生きている人すべてにそのかけがえのない命は宿っています。魂が抜けたようになってという言葉がありますが,そん...

保佐類型の対象となる方は「精神上の障害により」「事理を弁識する能力が著しく不十分な」方となります。「著しく不十分」な状態は,家庭裁判所が医師の診断書,および鑑定書を判断材料として決定します。「事理を弁識する能力」とは利害関係や損得(法律行為によるもの)を適...

●「出国命令制度」をご存知ですかこの制度を利用すれば,在留期間を経過したままで日本で生活している外国人で帰国を希望している方は,収容されることなく簡易な方法で手続きができます。退去強制手続により帰国した場合,最低5年間は日本に入国することはできませんが,「出...

人気記事トップ30

  1. 2010年12月15日 はじめまして(1721)
  2. 2011年05月13日 家族の不思議(1213)