新着記事トップ10

null

秘密証書遺言:遺言の内容を遺言者以外に知られることなく作成できる遺言方法です。  <作成手順 vol.2> ④封入と封印は代理人ではなく、遺言者が自分でします。 ⑤封印後、公証役場へ行き、公証人1人と資格のある証人2人以上の前に封書を提出し、遺言者が自分であ...

null

秘密証書遺言:遺言の内容を遺言者以外に知られることなく作成できる遺言方法です。  <作成手順 vol.1> ①遺言の内容を記述します。   秘密証書遺言は、第三者に代筆してもらっても、パソコンを使っても無効になりません。もちろん、自分で書くこともできます。 ...

null

<4つの要件>vol.2 【要件3】 年月日のない遺言書は無効であり、年月だけで日の記載がない場合も無効です。 ×:年月日記載なし  ×:年月のみ、日の記載なし 【要件4】 数枚に渡るときは、綴り目に割印をします。 注:保管について、法律上の要件はありま...

null

遺言の方式は大きく分けて3つあります。 1.自筆証書遺言:遺言者の直筆で内容を書き、要件に従い作成する。最も簡単な遺言方法 2.公正証書遺言:遺言者の口述に従い、公証人が作成、要件に従い手続きを行う。最も確実な遺言方法  3.秘密証書遺言:作成した遺言書を...

null

法的効力のない遺言内容 世上遺言と呼ばれるものは、法律上の効力がありません 法的効力を持つ遺言内容  1.【認知】     婚姻外で生まれた子供との間に、法律上の親子関係を創設する行為  2.【財産処分】     遺贈と寄付行為  3.【未成年の後見人...

遺言とは・・・ 人の生前における最終的な意思表示を尊重し、遺言者の死後にその意思を実現させる為に制度化されたものです。 つまり、遺言によって遺言者が生前に自分の財産を自由に処分できることを法律は認めています。一方で、遺言に厳格な要件を定めてそれによらない遺...

遺言書がないと故人の意思に関係なく、相続人同士が話し合いを行い、全員が納得する  遺産分割(遺産分割協議)を行うか  法定相続分(法律が決めた相続分)で相続されることになります。 【遺産分割協議】  相続人が全員出席の元で話し合いで遺産を分割する。  法定...

[メリットvol.1] 自分の思い通りに財産の処分ができることです。  例えば、 相続人ではない人に財産を分与したい場合、 相続人の1人に遺産の全部を相続させたい場合。 親不孝の子供に遺産を与えたくない場合 など、原則として、自分の思い通りにできます。 借金など...

離婚問題にマニュアルは役立たない?  (1)離婚に関する書籍やwebサイトは、たくさんあります。 「失敗にしない離婚」「離婚協議書の書き方」「有利な離婚の進め方」など・・、 離婚を決意し、離婚に関する情報を求めている方には、魅力のあるタイトルばかりです。 手に...

離婚をしようと決意したら・・・  (1)離婚届を役所に提出し、役所がそれを受理すれば、離婚は成立します。  『よし、これで今日から、独身だ!!』  と、心機一転、新しい人生のスタートを切るはずが・・・。  ・離婚後の生活はどうすればいいの?  ・子の面接につ...

人気記事トップ30

  1. kinsen.jpg
  2. null
  3. null
  4. null
  5. null
  6. null
  7. null
  8. null
  9. null
  10. naiyoushoumei.s.JPG
  11. null
  12. null
  13. null
  14. Q&A.jpg
  15. null
  16. Q&A.jpg
  17. null
  18. null
  19. null
  20. konjigeizoku.jpg
  21. null