新着記事トップ10

null

DV被害者支援 1加害者から逃げたい 加害者である夫(妻)から逃げたい場合 ⇒暴力を受けた場合、緊急に避難したり、一時的に別の場所に避難したりすることができます。 (1)緊急に避難する → 最寄の警察署や交番に駆け込みます。 ●緊急対応  緊急の場合は110番...

null

DVの基礎知識3 加害者の傾向は・・ (1)DV加害者は、一定のタイプはなく、年齢、学歴、職種、年収などとは直接関係がないといわれます。また、人当たりが良く、社会的信用もあり、周囲の人からは「家庭内で暴力を振うとは想像できない」と思われている人も珍しくない実...

DV1.jpg

DVの基礎知識 2 DVがあたえる影響 1.被害者への影響 (1)恐怖感 逃げたら、もっとエスカレートし、殺されるかもしれない」など強い恐怖心から、脱出する決心ができなくなってしまうこともあります。 (2)無力感 暴力を振るわれ続けることにより、「自分は夫か...

null

DVの基礎知識 1 DVとは・・ 1.DVの実態 (1)DVはDomestic Violence(ドメスティック・バイオレンス)の略で、配偶者やパートナーなど親密な関係にある者から受けるいろいろな種類の暴力のことで、女性が被害者になることが多いです。 (2)DVは家庭と...

muryomail.jpg

無料メール相談24時間受付中 1人でも多くの方に、お気軽に専門家を利用していただけるよう、松下行政書士事務所では、パソコンが苦手な方もサービスを利用していただける簡単な 無料メール相談フォームをご用意させていただいております

null

Q:死亡した人が借りていた借家に、その相続人は住み続けることができるのでしょうか? 内縁の妻(夫)であった場合はどうでしょうか? A:家を借りその家を利用する権利を賃借権といい、相続の対象となります。 従って、死亡した人の相続人が相続放棄等をせずに相続...

null

面接交渉の調停申立書 記載例 離婚後、子と同居していない親と子が会うことを面接交渉といいます。 離婚時の夫婦(子の父母)の不信感、感情的わだかまりから、面接拒否となるケースが増えています。当事者間で解決できないときには、家庭裁判所の調停を利用することも検討課...

null

不受理申出 相手が勝手に離婚届を出すことを阻止できます 離婚合意ができないうちに、夫婦のどちらかが勝手に離婚届を出してしまうという不測の事態を阻止するため、 役所に「離婚届の不受理申出書」を出しておきましょう。 また、この不受理申出書は「不受理申出取...

konjigeizoku.jpg

「離婚の際に称していた氏を称する届」 (1)結婚時に氏(苗字)を変えた方が、婚姻中の氏(苗字)を、離婚後も継続使用を希望するときの届出です。 (2)この「届」は、離婚成立日から3ヶ月以内という提出期限があります。 協議離婚:離婚届受理日から3ヶ月以内 調停離婚:調停...

null

<左側の書き方> 1届出の日付  離婚届を提出する日付を記入します。  届出が受理された日が、法律上、離婚した日になります。  また、調停、審判、判決離婚の場合は、確定の日から10日以内に提出しなければなりません。 2届出先  夫婦の本籍地の市区町村長...

«Prev1 2 3... 10 11 12Next»

人気記事トップ30

  1. kinsen.jpg
  2. null
  3. null
  4. null
  5. null
  6. null
  7. null
  8. null
  9. null
  10. naiyoushoumei.s.JPG
  11. null
  12. null
  13. null
  14. Q&A.jpg
  15. Q&A.jpg
  16. null
  17. null
  18. null
  19. null
  20. konjigeizoku.jpg
  21. null