2010年 12月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
10年12月23日 13時51分34秒
Posted by: weltgaist
自分に対してですが。
28日にラジオデビューします。
内容は・・・・・
しょうもないことになりそうですが。

三島のヴォイスキューにでます。
反響がよければ継続するようです。

プロデューサーをの心をわしづかみしてきます。

年も暮れてきました。
今年できること、まだまだあると思います。
29日までは銀行もやっているようです。
プライベートでも仕事でも勉強でも、
心残りのないよう全力で、但ししっかり休みをとってよいスタートをきりましょう。


皆様の成功を祈っています。

本年も多くのご指導とご支援ありがとうございました。

来年は会社の業務拡大、改善、社員研修、営業コンサル等を100倍にしたいと思っております。
試験も受けるので、確実に受かりに行きます。
お付き合いが悪くなるかとは思いますが、応援していただけるとありがたいです。

新年もよろしくお願い申し上げます。


徳川綜合法務事務所
10年12月12日 22時06分23秒
Posted by: weltgaist
転ばぬ先の杖とはよくいったものです。

リスクマネージメント研究会というものに最近参加させていただいておりますが、
リスクを回避するということと、保険をかけておくということは似ているようで全く違います。

最近、というか前から多いものに労働関係の相談があります。
本ブログ内でも、一番多く反響があるのは労働関係の問題のようです。

経営者にとっても働く側にとっても、給料はもちろんのこと、疑問が生じたときにどうするかという意味で、
労働契約書や就業規則をきちっと作っておくことが必要だと思います。

この利点とは、
経営者側にとっても、働く側にとっても、
何が決まっているのか、やるべきこと、気をつけるべきことが明確になって、
責任の所在と、仕事の範囲を明確にすることにつながり、仕事自体をよりよいものにしていく契機となります。

このようなことを日ごろからしていると、働く側が悩ましいと思っていることを早く察知することもできるかともいます。

早めの対策を、先手先手をうっていき、問題を大きくさせないことが、経営をうまく生かせるコツであると思われます。

人生についても同じことがあるでしょう。
先手先手、
タイミングの問題もあるでしょう。

万事がその時に絶妙のタイミングであると考えられるようなリスクマネージメントをしていくと、
悩みは軽減できます。


当事務所では、他の事務所との差別化を図るという意味で、
より積極的で、楽しい明日を日々迎えられるよう、あなたの会社経営、事業経営、人生設計のお手伝いをします。
相談先に困ったときに、さまざまな専門家とのネットワークをいかしてあなたの未来ををサポートします。

ありがとうございます

芸術家支援.comもよろしくお願いします。
10年12月06日 01時27分01秒
Posted by: weltgaist
皆様お久しぶりでございます。

石川です。

最近は、とてもこれまででは想像できなかったことができるようになってきました。

相手の立場に立って考える。
これはどの商売でも、何をやるにつけても大切かと思います。

ただ、相手があまりにもこちらの立場を考えない場合はどうしたらいいか。

人生の目標というか目的を、「人助け」とした場合、
ボランティアをすることが一番の人助けとなると思っていたような節がありますが、
かならずしもそうではないのですね。
何かをしてもらった人がただでやってもらえるようになり人に頼る癖をつけてしまう、
そして余計時間と労力を割いて手助けをしなければいけない人にしてしまう。
このようなことが往々にしてあります。

本末転倒という感じです。

良かれと思ったことが実際は余計に状況を悪化させることがあります。

それは相手の立場に立てていないということの証明なのではないでしょうか。

相手の立場に立つのではなく、相手の考えを感じ取ることができればよいので、
相手の考えを感じ取るようにすればいいのです。
なんとかなるものです。


さて、名前で勝つ、ということですが、
簡単に言うと見た目で勝負ということです。


中身はよくて当然なので外見、というかぱっと見から相手の心を離さないような状態でいることが非常に重要かと思います。

見かけで分からない人もいます。
そのような人は話してみてもわからないままです。

自分をさまざまな意味でよりよくすることが人生の目的の一つであると考えます。
時間は最大の財産です。
これを無駄にしないように、効率のよい使い方をしないといけません。

効率のよい使い方の一つのツールとして、法律と文書を武器として私は仕事をしています。

よりよい生活を導いていくための一材料として頭の片隅においていただければ幸いです。

なまえは大事です。

今日も先祖に感謝しつつ。
みなさま年越しまで楽しく過ごしましょう。

ありがとうございます

徳川綜合法務事務所
石川裕也


«Prev || 1 || Next»