法務省オンライン申請システムver1.10からver1.20へのバージョンアップを完了しました。

バージョンアップは年に何度もやるものではないので、半ば忘れかけている人も多いかもしれませんが、入替え作業のマニュアルがしっかりしているので大きなトラブルはないでしょう。

ここでは、簡単な入替え作業の流れとマニュアルとのちょっとした違いや注意事項を記載します。

1.「法務省オンライン申請システム」に移動。
   http://shinsei.moj.go.jp/
2.「入替え作業についてのご案内」が右下方にある(白っぽいバナーに青で記載)ので、クリックして、マニュアルダウンロードのページに移動。
3.Windows XP版とWindows 7・VISTA版の2種類が用意されているので、お使いのシステムに対応したマニュアルをクリック。「開く」か「保存」のどちらかをクリックするとダウンロードが開始されます。ページ数は多いけど、印刷しておいた方が作業は楽なので、「開く」をクリックして、ダウンロードが終わったところで両面印刷を実行。Windowは、そのまま閉じてかまいません。
4.ここから、マニュアル通りにやっていきます。
(1)コントロールパネルの「プログラムの更新と削除」に移動し、法務省オンライン申請システムv1.10のアンインストールを実行。
(2)続けて、JAVA (TM)6 Update 20(旧バージョン)をアンインストール。
(3)旧バージョンの申請システムをインストールしていた「法務省オンラインシステム」フォルダー及びその下のフォルダー全て削除。
(4)「法務省オンラインセット」のダウンロード
   インストール場所は、DESKTOPでもどこでもかまわない。私の場合はマイドキュメント」フォルダーを指定したが、分かりやすいように削除した旧バージョンのフォルダーがあった場所にインストールした方が混乱がないでしょう。また、アイコンができなくても気にする必要はない。所定のフォルダーに実行ファイルがダウンロードされていればよい。
(5)ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてファイルを展開。
   「法務省オンラインセット」というフォルダーができ、その下に4個のフォルダーが更に追加される。
(6)展開されたフォルダーのうち、1番のフォルダー「JREのインストール」に移動。実行ファイル(xxx.exe)が1個だけ入っているので、ダブルクリックして実行。この時のバージョンは、「JRE6 Update 22]なので、後日Update24の検証が済み次第アップデートする必要があるかもしれない。
(7)次に2番目のフォルダー「オンライン申請システムのインストール」に移動して、1個だけ存在する実行ファイルをダブルクリックして、申請システムをインストール。
(8)3番の「バッチファイルの実行」に移動し、xxx.batというファイルをダブルクリックすると、自己署名証明書のフィンガープリントがDOS窓上方(隠れている場合はマウスで移動)に出力されるので、マニュアル通りか確認して、問題なければ「yes」と入力した後、リターンを2回入力。
(9)4番の「自動更新の解除」フォルダーに移動し、ファイルをダブルクリックして、後はマニュアルに従う。
(10)最後にコントロールパネルの「プログラムの更新と削除」に戻って、JAVA(TM)6 Update 22 と 法務省オンラインシステムVer1.20 がインストールされているのが確認できたら、目出度くインストール終了です。

マニュアルを読みながらゆっくりやっても1時間以内には終わるでしょう。
後は、実際にダミーのPDFファイルを作って電子署名し、オンライン申請の途中までやって問題ないか確認できればいつでもオンライン申請が可能です。