【公正証書 相談】カテゴリー記事一覧

新着記事トップ10

null

とは・・ 従前は、患者が生きている限り投薬などで少しでも長く生かし続けることが当然といった治療が行われてきました。 しかしながら、最近ではただ死期を延ばすだけの治療行為を潔しとせず、人間としての尊厳を保ったまま、死を迎えることを望む人が増えてきました。 ...

baibai.JPG

売買・贈与と公正証書 次のような場合には売買、贈与、死因贈与契約の公正証書を作っておけば安心です。 1.売買の代金をきちんともらえるようにしたい場合  売買代金の支払を怠った場合は、強制執行をされてもやむを得ないという文言を入れ た売買契約公正証書を作って...

null

金銭貸借と公正証書 公正証書は幅広く利用されていますが、 その中でも特に重要なのが金銭の支払を目的とするものです。 金銭を目的とする公正証書は、 強制執行を確保する手段として主に利用されています。 確実に返してもらいたいと思う場合公正証書にして、...

null

[公正証書の種類] 「遺言公正証書」 「任意後見契約公正証書」 「金銭消費貸借契約公正証書」 「不動産賃貸借契約公正証書」 「離婚慰謝料・養育費給付契約公正証書」 「事実実験公正証書」 などがあります。   [公正証書の特徴] 公正証書を作ってお...

null

公証人とは・・ 公証人は、原則30年以上の実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員で、公証役場で執務しています。 その多くは、司法試験合格後司法修習生を経て、30年以上の実務経験を有する法曹有資格者から任命されます。そのほか、多年...

(1)遺言公正証書の検索の依頼・謄本請求は、遺言した方が死亡した場合のみ、 相続人、受遺者及び遺言執行者などの利害関係者が請求できます。 (2)遺言者が生存中は、遺言公正証書の検索の依頼・謄本請求ができるのは遺言 者本人のみです。たとえ相続人であっても請求でき...

建物や土地の賃貸借契約を結ぶに当たっては、 (1)必ず公正証書によらなければならないもの  事例:事業用定期借地権契約 (2)公正証書である必要はないが契約書面を作らないと効力がないもの  事例:定期建物賃貸借契約、定期借地権契約 (3)書面で契約する必要はな...

お金の貸し借りを内容とする金銭消費貸借契約書を作っても、 もし、相手が約束を守らずお金を返してくれなかった場合に、 相手の財産に強制執行をかけて競売、競売で得たお金を弁済に 充てるのが原則です。 そのためには、まず、裁判にかけて「借主は貸主に元利金を支払え...

金銭貸借の際の公正証書について 公正証書は幅広く利用されていますが、 その中でも特に重要なのが金銭の支払を目的とするものです。 金銭を目的とする公正証書は、強制執行を確保する手段として主に利用されています。 確実に返してもらいたいと思う場合公正証書に...

以前は、患者が生きている限り投薬などで少しでも長く生かし続けることが当然といった治療が行われてきました。 しかしながら、最近ではただ死期を延ばすだけの治療行為を潔しとせず、人間としての尊厳を保ったまま、死を迎えることを望む人が増えてきました。 自分の尊...

«Prev1 2Next»

人気記事トップ30