2012年 11月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
12年11月28日 09時27分14秒
Posted by: eityanmama
おはようございます。今日は耳鼻科へ。定期検診です。

さて、私が夏に遭ってしまった交通事故の件ですが、みなさんがいったいどうなっているのかを心配くださるので、ちょっと触れます。
すべて弁護士に任せているので、私が直接加害者側とその保険会社と交渉することはないのですが。

廃車になってしまった自動車の物損についてですが、まだ補償金の支払いはおこなわれていません。相手方の保険会社が車載搭載物の補償や車の買換え費用実費の補償をしぶっているからです。
チャイルドシートには壊れた車のガラス破片が飛び散り、後部座席がぐちゃぐちゃになっているにもかかわらず、「まだ使えるだろ」ということで補償しようとしないからです。
 子供にガラス破片が飛び散ったチャイルドシートを使わせることできへんやん。

それから、加害者の行政罰と刑事罰についてです。刑事罰ではあっさり不起訴処分でした。今回の事故は私が赤信号で停車中に後ろからトレーラーが信号無視しようとして追突してきたのですが、検察の見解によると、「停止線を越えて初めて信号無視になるから、今回のはただの前方不注意です。被害者のあなたも骨折はしていないんでしょ?全身打撲だけでしょ?なので不起訴です」とのことでした。
私が依頼した弁護士の先生っも「それはおかしい」ということで、弁護士から検察に電話してもらいましたら、「事故後5年間は再起訴可能なので、後遺症があるのでしたらまた届け出てください」とのこと。

加害者側からの謝罪はありませんし、加害者の話によると「赤信号に変わったばかりやから進めたのに前方のあんた(私のこと)が止まるからや」と。

交通事故の罪って軽いなあと。こんなんだったらまた起こすで。

私のケガについてです。
日常生活での支障はちょっとしかないですが、後遺症の可能性あるとのこと。リハビリは続けています。自由業やから仕事の調整してリハビリ行けているけれど、会社員だったらリハビリ行くことできないと思います。そうすると後遺症はひどくなるでしょうし。まだリハビリに行けるだけましですね。
今も車の運転は長時間できなくなってしまいました。精神的に無理です。

金銭面では治療費の補償の話はまったく進んでいないようです。

現在の交通事故のその後はこんな感じです。

みなさまの何かの参考になれば。
12年11月27日 09時00分05秒
Posted by: eityanmama
現在DBの受け皿を検討している企業様、中退共を減額して選択制DCと併用したい企業様からのご相談があります。
みなさん、選択制DCの導入には慎重。

それでいいと思います。
選択制DCは急いでやっちゃえ!と導入するものではなく、経営者と従業員とのきずなを深めて、かつモチベーションをアップさせるための制度であり、導入コンサルとその後末永い従業員教育をお受けする私にとっては、じっくりじっくり導入へ向かっていったほうが、従業員様の理解を得られて、最終的にはきっといい結果になると思っているからです。

とにかく選択制DCは、若年者の未来のためには必要だと思っています。

検討される企業様はぜひ弊社へご連絡ください。

かならず誠心誠意サポートします。
12年11月23日 14時23分39秒
Posted by: eityanmama
「危うくムダなお金を払うところでした。」出版記念セミナーを21日に開催しました。

著者の前野彩さん、体験談執筆女子FPの私、裏野さん、宮野さんが座談会形式でお話うるという形式。
本には書けなかったこと、書かなかったことを中心に和気藹々と1時間半はあっという間に過ぎました。
参加くださったのはFPやFPに興味のあるかたが多く、セミナー後の懇親会にもほとんどのかたが参加され、一種の交流会となりました。

いいご縁をいただいたのも今回この本の執筆に加わることができたおかげです。

12年11月21日 09時10分38秒
Posted by: eityanmama
http://www.himawari-houmufp.com/

前野彩さん著「危うくムダなお金を払うところでした」出版記念として、その本の執筆協力をしまいた私への住宅ローン相談料が通常より半額であるキャンペーン中です。

本を購入されたかたはぜひご連絡ください。
12年11月21日 08時54分04秒
Posted by: eityanmama
私の住む、枚方市って、かなり大きな市なのに、小児救急はいったいどうなんだろうか・・・と、昨日実感しました。

というのは、昨日夕方長男の通う児童会から連絡があり、長男が遊んでいるときに頭を強くうさぎ小屋でぶつけて、腫れているので、すぐに迎えに来てほしいとのことでした。私は予定変更ですぐに迎えに行きましたが、長男の様子から、さほど急いで病院へ行く必要はないと思い、様子を診ていました。しかし4時間後に長男が急に吐き気と痛みを訴えたため、私はまず「救急安全センターおおさか」に電話。♯7119です。
すると看護師が「すぐに病院へ行くように」とのことでいくつか病院を紹介してくれました。
そして私は順番に電話をかけましたが、どこも「子供の頭部打撲の診察は断っています」「内科しか診ていません」と、、、紹介された病院なのに断られ続け、4箇所目でやっと診てくれる病院が見つかりました。


の病院は隣の寝屋川市のとある総合病院で、受付のかたも医師も本当に親切で、CT検査で異常なしとのことでした。
でも高熱があり、今夜は様子見です。

断られた3箇所はすべて他市です。そもそも枚方市内では小児の外科や脳外科の救急扱いを診てくれる病院はひとつもないのだそうです。枚方市内にある夜間救急センターも、「小児科」と書いてあるけれど、「小児外科」ではないから診れないと断られました。
「小児科」とは内科のことをいうらしく、ケガは小児科ではないとのこと。わかるんやけれどな・・・でもな。

私が、「じゃあどこだったら診てもらえるんですか」と枚方市の夜間救急センターに尋ねると、大阪府医療情報センターなどのいろいろな連絡先を教えてくれましたが、そもそも何箇所も病院に電話したのちに、また振り出し?って思いました。もう、すでに電話しましたよって言ってしまいました。

私の住む枚方市って、そこそこ大きな都市ですよ。
子供が頭を打ったり怪我しても、夜間に救急では診てくれる病院はひとつもないなんて。

医療業界には事情があるのでしょうが、こんなにたらいまわしに合うのはおかしいと思います。

国政も大事ですが、地方はどうなんだろうかと思ってしまいました。
12年11月18日 17時20分59秒
Posted by: eityanmama
今年もあと1ヶ月半。
今年は特に激動の一年だった。

行政書士としては9年目。
FPとしては7年目
大学の講師としては5年目

と、まだまだ一人前ではない私ですが、仕事では周りの人々に助けられ、事業についてはいいお話をたくさんいただき、感謝感謝の一年でした。

プライベートでは、子供たちの成長に毎日幸せを感じる一方、家族の大病で心が痛む毎日であることも事実です。さらに私は夏に交通事故に遭い、その後遺症に悩まされる日々wすごしていて、もともとの持病も悪化して、健康不安がぬぐえないつらさもあります。

でもでも、これもすべて人生。

人生、帳尻あっているなあと思う。

あと1ヶ月半、がんばろう。
12年11月12日 16時43分46秒
Posted by: eityanmama
昨日無事、年に一度の行政書士試験が終了しました。

私は今年は試験実施委員副委員長という大役を仰せつかり、関大の試験場副責任者としてきょうまで役目を果たすことができました。

試験実施事務には行政書士になって2年目から妊娠中も携わってきて今年で8年目ですが、この仕事は裏方だけれども、本当にやりがいのある任務で、周りのみなさんとの連携やコミュニケーションをはかることができ、有意義な時間をすごすことができました。

それから、どんな小さなことでも一人ではなく何人もの力が合わさって成し遂げることができるという、普段では気づきにくいことを気づかせてくれました。裏方の苦労も、この任務につかなければわからなかったでしょう。

ほんとうに試験委員の皆様、本部員、監督員、そして大阪府行政書士会事務局のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。


そして、関大の監督員本部員のみなさま、いつも偉そうにしていてすみませんでした・・・。
そんなつもりないのですが、ついつい、きっとえらそうな物言いになっていたと思います。
とにかく必死でして。

試験委員としては任期は今年で終わりです。

いい経験をさせていただきました。
«Prev || 1 || Next»